セントポールギャラリー神奈川は重野克明・北浦亮子・辻元子の版画、ドローイングを扱う画廊です
                      


     





     



                   
                           
ショッピングカートを見る
商品検索

ごあいさつ
セントポールギャラリー神奈川 モテキ
2006年、神奈川県相模原市にてサイト開設したため 「セントポールギャラリー神奈川」と名乗っております。
rss atom
ホーム 北浦亮子 2007 おかえり
おかえり

 

     

   
おかえり
--------------------------------------------------------------------------------------------
この作品「おかえり」と 次の作品「帰る」は
新約聖書ルカによる福音書15章11 により 描かれています。
北浦さんに要約いただいた文を掲載いたします。

−−
新約聖書ルカによる福音書15章11

「放蕩息子のたとえ」
ある人に二人の息子がいた。
息子たちそれぞれに財産分けしてやると
弟の方は全てをお金に換え、遠い国へ旅立つ。
そこで放蕩の限りを尽くした彼は、一文無しになってしまう。
苦労を重ねた末、改心して父のもとで使用人としてでも働かせてもらえれば
との思いで故郷に帰る。
そんな彼を父は喜んで迎え、極上の着物を着せ、もてなし受け入れた。
兄はそれを見て納得がいかず、非難すると父はこう言った。
「おまえはいつもわたしと一緒にいるが
弟は死んでいたのに生き返った、いなくなっていたのに見つかった。
喜ぶのは当たり前ではないか。」

−−

「おかえり」は、その息子を迎え入れる父 が描かれています。

この作品を ご覧になり そして
聖書からの要約を読まれて どんなふうに感じられたでしょうか?

わたしは 2007年秋の個展のDMとして使われていたこの作品を見たとき
たいせつな人を迎えている あたたかな作品 と感じ
個展会場で 上述のお話を伺って さらにひとまわり大きくこの作品を感じました。
「佳き日」のように 赦すこと 赦されること を 思いました。

受けとり方は 自由です。
毎日の暮らしの中に 身近に たのしんでいただける作品だと思います。




あごの下の空間。
太い輪郭線と、荒削りな印象を与える空間表現。力強い作品です。
 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
タイトル           おかえり
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
画面サイズ          21.0×30.0cm
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
技法             リフトグランドエッチング、アクアチント
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
制作年            2007年
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
限定数            10部
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
・ 定価
39,900円(内税)
・ 販売価格

39,900円(内税)

・ 購入数