セントポールギャラリー神奈川は重野克明・北浦亮子・辻元子の版画、ドローイングを扱う画廊です
                      


     





     



                   
                           
ショッピングカートを見る
商品検索

ごあいさつ
セントポールギャラリー神奈川 モテキ
2006年、神奈川県相模原市にてサイト開設したため 「セントポールギャラリー神奈川」と名乗っております。
rss atom
ホーム 重野克明 2009 女は十七で生まれて三十で死すべし 猫はkittyで生まれて猫となるとき死すべし
女は十七で生まれて三十で死すべし 猫はkittyで生まれて猫となるとき死すべし

 

     

   
女は十七で生まれて三十で死すべし 猫はkittyで生まれて猫となるとき死すべし
--------------------------------------------------------------------------------------------


墨を流したような闇に こちらを振り返ってほほえむ少女が浮かんでいます。
挿画を手がけられた  赤澤ムック編集 夢野久作『猟奇歌』(創英社 2010)の中に
この作品に似たドローイングらしき作品が掲載されています。



ファムファタールの笑みと感じます。
 

腕部分 ドライポイントという技法による線描がみられます。


腰部分も同じく、曲線がみられます。
画像でお伝えできないのですが、背景の漆黒にも、刻まれた線の溝がみられます。




カバーを取った新潮文庫を少し薄くしたような あたたかみある黄みがかった和紙に刷られています。
紙サイズ約55.5×38.5cm、大きめな作品です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
タイトル           女は十七で生まれて三十で死すべし 猫はkittyで生まれて猫となるとき死すべし
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
画面サイズ          35.0×24.0cm
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
紙サイズ           約55.5×38.5cm
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
技法             ドライポイント
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
制作年            2009年
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
限定数            17部
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
・ 定価
28,000円(内税)
・ 販売価格

28,000円(内税)

・ 購入数